憧れの【ホテルミラコスタ】宿泊記 客室内を詳細に報告する!

東京ディズニーシーのホテルミラコスタ

2020年2月吉日に我が家の4男君が東京ディズニーシーのホテルミラコスタで結婚式を挙げた。

新郎新婦のみならず、我が家にとっても一大イベントになりました!

(チャペルミラコスタでの結婚式は下記からどうぞ!)

「披露宴で飲むでしょ!だったらそのまま泊まっちゃえ!」と言うのは至極当然の発想。

いつかは泊まってみたいと思っていたホテルミラコスタ。

だってディズニーシーのメディテレーニアンハーバーに行くとさ、いつも見上げちゃうんだよね~。

 

そんな訳で、隼人さん家族の希望者で、4部屋押さえての宿泊となりました。

今回は特に、ヴェネツィア・サイドとポルト・パラディーゾ・サイドのスーペリアルームの紹介をしたいと思います。

ヴェネツィア・サイド スーぺリアルーム

ヴェネツィア・サイドの展望

隼人さん夫婦が宿泊したお部屋は、ヴェネツィア・サイド スーぺリアルームの4342号室。

ちょうどヴェネツィアン・ゴンドラの発着所の真上あたりだった。

 

この部屋はメディテレーニアンハーバーの反対側なので港の広場を見る事は出来ないが、水路脇の南欧の街並みを模した建物が続き、窓の外の雰囲気は良かった。

 

ヴェネツィア・サイド スーぺリアルームの内装

室内の面積が37㎡ととってもゆったりと広い空間が広がっている。

よくあるホテルのツインルームの1.5倍以上の広さがある。

 

全てのインテリアのレベルが高く、雰囲気を醸し出している。

 

ベットもいいよね!

窓側のベットの下に、トランドルベットと言う名称で、3台目のベットが格納されていた。

引き出して使うタイプだね。

ベットの横の壁に飾られている、布製の絵画。

各部屋ごとに違ったデザインだ。

 

流石はミラコ!浴衣じゃないのよ、パジャマなの!(笑)

 

通常、旅行に行くとさ、大浴場とか露天風呂に入るじゃない!

ミラコスタにもスパはあるけど、客室の浴室が素敵だったので入ってみましたよ。

我が家の浴室に比べて、浴室自体また浴槽も一回り大きい感じ。

以外な程オーソドックスで、とても入りやすかったですよ。

化粧台もとってもお洒落。

厚手の立派なタオルもふんだんに用意されている。

アメニティもミラコオリジナルのパッケージで、記念の品になる事間違いなし!

 

 

さて、今日は一日夢の国でとっても楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

しかし疲れた・・・。(笑)

お休みなさい!

 

おはようございます!(笑)

今日はとってもいい天気です。

新郎新婦は7:30には、ディズニーシーへ繰り出したので、我々はそっちの部屋に移動するこにした。

ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム

ポルト・パラディーゾ・サイド ハーバービューの展望

この部屋は凄い!

部屋の分類上は、ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム ハーバービューとなる。

ちょうど港の真正面あたり。部屋番号は4309号室。

外の広場から見るとこの辺りだね!

大きなガラス張りのベッラヴィスタ・ラウンジの上。

いつも下から見上げて、「一生に一度は・・・」と想っていたところ!

ミラコスタって、このハーバービューのイメージがあるでしょ。

でもこの景色を楽しめる部屋は以外と少なくて、予約が難しい。

ミラコスタは客室が全部で502室もあるんだね。

その中でほんの一部の客室と言う訳。

さて、この部屋からの眺めと言うと・・・。

メディテレーニアンハーバーと対岸のプロメテウス火山の全景をゆったりと楽しむ事が出来る。

ウン、贅沢だね~。

 

上の画像は早朝のメディテレーニアンハーバーの広場。

お客さんのいない静まり返った景色を楽しむことが出来ました。

宿泊者のみが味わえる特典だね。

各キャストさんの準備や朝練習の様子なども見る事ができて興味深い。

さて、そろそろ朝食に行ってきますか!

レストラン オチェーアノ

予約してあるレストラン オチェーアノでブッフェを頂きます!

昨日の昼食は、披露宴でイタリアンのフルコース、夜はここオチェーアノでブッフェと、もう食べ過ぎ感半端ないですよ!

しかし料理はすべて美味しく頂きました。

ご馳走様でした!

レストラン関係はいずれ別記事で紹介したいと思います。

さて、お部屋に戻りましょうか。

部屋からショーを楽しむ!

この4309号室の内装は上記の4342号室と全く同一です。

室内の配色が異なるだけ。

窓の外はずいぶん賑やかになってきましたね。

もう少しでショーが始まります。

 

この時期はピクサー・プレイタイムが演じられていましたよ。

上から眺めるショーは格別でしたよ!

またチェックアウトが12時と、午前中ゆっくりと楽しめるのがいいね。

チェックアウト

午前のショーをゆっくり楽しんだあと、11時過ぎにチェックアウトしました。

いやー、楽しかった。

一生の思い出になりました。

お金も半端なくかかったけど・・・。

でもそれに見合ったひと時を過ごせたのでOK。

 

今、嫁さんがちょっと体調を崩していて、平衡障害を起こしているので一人で歩けない状態なんです。

嫁さんと荷物を残して車を駐車場に取りに行かなくてはならないんだけど、それに気づいたドアサービスかベルサービスの若く背の高い綺麗な女性のキャストさんが、声をかけてくれました。

これで安心して車を取りに行けます。

結構時間がかかるからね。

広いエントランスのロータリーを回って正面車寄せに車を止めると、たくさんの荷物をカートに乗せ、嫁さんの手を引いて出て来てくれました。

ほんとに助かりました、ありがとう!

数人のドアキャストさんが手際よく荷物を積んで、我々を車に乗せてくれます。

ミラコスタはほんとにこのあたりのサービスを大切にしているね!

隼人さんがいない間、ずっとそのキャストさんと話しをしていたそうだ。

「元気になったらまた来て下さいネ!」と言っていたそう。

車がロータリーを周り、下りに差し掛かる前にフッと振り返ると、先ほどのキャストさんがまだ手を振ってくれていた。

最後まで、気持ちの良いミラコスタでありました!

 

今回はこれにて終了。

お疲れさまでした!