志賀高原【発哺温泉】ホテルひがしだて宿泊記!ウインターシーズン編

 

雪景色のホテルひがしだて外観

志賀高原中央エリアの最高の位置にあるホテルひがしだて!

発哺温泉ホテルひがしだてが本領を発揮するのは、やはりウインターシーズンだと思う。

広大な志賀高原スキー場の中央エリアにあって、東舘山ゴンドラの発哺温泉駅やブナ平クワッドの終点に程近い。

そしてかの1998年の長野オリンピック、アルペンスキー大回転コースのすぐ横に位置している。

ホテルひがしだて展望デッキから見える北アルプス

上の画像はホテル自慢の展望テラスからの眺望。

雪化粧した北アルプスの峰々が遠く見える。

右下の建物は東舘山ゴンドラの発哺温泉駅。

お二人様限定特別室 506紫雲

506紫雲前廊下

5階のお二人様限定特別室はエレベーターより506紫雲・507青峰・508山蕗・509茜音と並んでいます。

前回は509茜音に宿泊しましたので、今回は506紫雲です。

▼509茜音の室内は下記ページでご覧頂けます。▼

 

お二人様限定特別室 紫雲 内装

この紫雲は全4室あるお二人様限定特別室の中で、唯一畳のない洋室で37㎡と他の部屋よりちょっと狭い。

旅行可能日にはこの部屋しか空いてなかった。

常連さんの多いこのホテル、皆さん良く知っている・・・。

シモンズ社製ベットと最新のマッサージチェア

とは言え、シモンズ社製ベットや最新のマッサージチェアと快適度に問題は無い。

眺望はこの部屋が一番良いと思います。

(509茜音側は隣のホテルが邪魔になってくる。)

青森ヒバで作られた湯舟

青森ヒバで作られた湯舟に満たされる発哺温泉の湯。

展望風呂から見える雪景色

発哺ブナ平スキー場やジャイアントスキー場を見下ろして、壮大な雪景色が楽しめます。

外気温はマイナス10℃以下なんて当たり前の事。

だけど展望風呂で温まる幸せ。

 

食事は個室食事処で頂きます。

豪華で美味しい夕食

個室お食事処での夕食1

個室お食事処での夕食2

展望風呂付特別室の宿泊者は個室お食事処が用意されます。

相変わらず品数豊富で美味しい夕食。

今回はスキーを楽しむため連泊しましたが、2日目の夕食はちょっと落ちるような気がしたのが残念。

まあ、2回目と言う事もあり、インパクト不足を感じた事が原因か・・・。

信州牛のすき焼き

特別室には標準装備の信州牛の一品。1泊目はすき焼きを、2泊目はステーキで頂きました。

他の客室はオプション装備となります。

でもそうすると、特別室との価格の開きが少なくなってくるんだよね。

だったら初めから特別室を選択!が正解だと思いマス。

朝食も品数豊富で美味しい!

個室お食事処での朝食

朝食も画像の通り、品数も豊富でご飯も進みます。

欲を言えば、隼人さん的には洋食も選択出来ると嬉しいな・・・と思います。

スキー・スノーボードを楽しむベースとして。

東舘山ゴンドラの発哺温泉山麓駅に向かう為の橋

展望テラスから下を覗くと、東舘山ゴンドラの発哺温泉山麓駅に向かう為の橋が見えます。

有名なゴンドラなので、ここを通ったスキーヤー・ボーダーさんも多いんじゃないでしょうか?

このホテルの位置関係がわかると思います。

ホテルひがしだてスキー乾燥室

ホテル1階には立派な乾燥室があります。

ロッカーやハンガー、レンタル品なんかも充実しているんですが、コロナ禍と言う事もあり、物寂しく感じました。

ドアから出ればコースに至近なんですが、この辺がちょっと整備不良。

しかしコロナ禍でオーナー兼支配人が孤軍奮闘している姿を見ると、とても無理は言えません・・・。

 

さて次回はこの流れで志賀高原中央エリアのスキー場を紹介したいと思います!

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

お疲れ様でした!