草むしりよさらば!DIYでも出来るリアル人工芝の施工例(千葉県)

タイヨウガーデンでは、リアル人工芝の施工を行っております。

さて今回ご紹介するのは、千葉県の大網白里市に新築されたK様邸。

敷地面積が約100坪と、整備された住宅地内としてはかなり広いです。

下のの画像は手前のメインのお庭。新築住宅ならではの手つかずの状態。

今後、お庭の草むしり(メンテナンス)が大変そうです。

そこで、オーナー様のご要望は!

「リアル人工芝を敷き詰めて、メンテナスフリーの庭にしたい!」です。

わかりました!お任せください!

事前の打ち合わせで、「バーベキューもやりたい。」とありましたので、まずコンロの設置場所用のテラスを先に製作します。

基本的に人工芝は、不燃性ではありませんからね!万が一燃えます。

コレ、皆さんも注意してもらいたい重要事項。

リアル人工芝の敷き詰め

まず、お庭の整地を入念に行い勾配を調整します。まあこの辺の仕上げがプロとアマの違いでしょうか。

また真ん中が凹んでいると、大雨のあと水たまりになりますかね。

長い角材などを地面に当てて、よく調整しましょう。

水はけが悪い土地は別途工夫が必要です。

次は下地に防草シートを全面に張ります。

雑草は継ぎ目がいい加減だと容赦なく生えてきますから、多少オーバーラップさせて合わせます。

防草シートが完了したら、いよいよ人工芝を敷いていくわけですが、施工するお庭は正方形や長方形ではありません。

いかに効率よく無駄なく施工出来るかを計算して、カットする事が大切です。

材料を算出するためにも、要所の距離を測って略図をつくりましょう。

また芝目がありますから、すべて同じ方向に流れるよう使います。

何も考えずに端っこから貼っていけば簡単ですが、切れ端(余り)がたくさん出てしまうんですネ。

これは材料費が上がってしまい、お客様の不利益になります。

シンボルツリーにはソテツを植えます。

そして、シンボルツリーを植えるために予めピンコロで縁取りを製作しました。

主役はソテツで!と言うよりソテツ1本のみ!!シンプルイズベストですね。

まあ、根元も防草シートを張りたかったんで・・・。(そう言うご要望なので!)

九十九里浜も近いという土地柄もあり、とっても似合います。

 

花壇内もしっかりと防草シートを敷いて、特大のバークチップを敷き詰めました。

ちょっと仕上げ前のフライング画像なんですが、全景がこちら▼

何にもなくて殺風景だったお庭が、広くてシンプルな人工芝のお庭に生まれ変わりました。

施工終了後オーナー様にも、「想像以上の出来栄え!」と喜んで頂きました。

 

あとがき

このようにリアル人工芝はDIYでも十分施工可能ですが、お時間の取れない方、プロのワンランク上の仕上がりをご希望の方は、是非タイヨウガーデンにお問い合わせ下さい!

お問い合わせ下記のメールフォームにお願い致します。

 

外注などは一切なし!隼人さんが責任をもって施工にお伺いします!!